オーラソーマの生命の樹の特徴

オーラソーマ生命の樹とは→Wikipedia

セフィロトの樹と、タロットの関係は研究されています。

ボトルはタロットに対応しているので、ボトルをセフィラ(部屋)とパス(小径)に置くことができるのです。

また、パス(小径)に対応するボトルが2~3本あります。

学びのアウトジャーニーと、その学びをシェアするリターンジャーニーです。

パスは変化の場所。そこを学び、シェアすることで腑に落ちていきます。

ボトルを身体に塗ることで、自覚しながら人生を体感していく。

これがオーラソーマを使った生命の樹の醍醐味だと思います。

1度通ったから終わりではありません。

2回目、3回目通るたびに学びも感覚も深く研ぎ澄まされていきます。

その繰り返しを、ボトルに助けてもらいながら乗り越えていくのです。

 

私の生命の樹1回目

約4年前にオーラソーマと出会い、その半年後にレベル1を受けたあと、興味があって生命の樹=ゴールデンスレッドのセッションを受けました。

その頃は、生命の樹のシステムを知れば、幸せに生きるとか、生きている意味がわかるのでは?と思っていました(今は思ってないのですが)。

 

結局、そのときは1本目を購入し、身体に塗りながら過ごしました。

その後セッションを受けたら、3本目4本目が同じボトルだったこともあったり。

2本目が私のネームボトルだったり!(今気づいたびっくり

 

道筋のボトルを塗ったら良いと聞いてはいたのですが、全然続かなくて。

この写真を撮るために資料を出すまで忘れていました。

その時に選んだボトル4本では地のエレメントを示していました。

数年かけて、必要な現実は整えてきたのだろうなぁ。

友達にも地に足がついてきていると言われるし、以前よりも落ち着いてきた自覚があります。

 

今回は火のみ。

エレメントは火→風→水→地→火…の階層になっているので、次の展開にきているんだろうなぁ、今の私。

塗っているボトルと状況が繋がってくるので、楽しく、ときに苦しく、人生を謳歌したいと思います爆  笑