サビアン占星術とは

ホロスコープ1920年代、霊的な実験が数多く行われている中で、一つの実験が行われました。

1925年、アメリカ人の霊視者フィラーさんが、各星座(12星座)と角度(30度)のメモ(360枚!)が書かれた紙をシャッフルし、その白紙に何が見えたのか、その時のビジョンをかいていったのです。

それを体系化し解釈していったものが、今のサビアン占星術に繋がっています。

日本には40年前に入ってきましたが、占星術とは違う!という理由で受け入れられませんでしたが、最近は本も出るようになり、知られるようになりました。

 

サビアン占星術でわかること

それぞれの角度に名前(シンボル)がついています。

自分の太陽や月のシンボルを知っておくと、

自分が何をしたいのか、何を大切にしているのか「言葉」と「イメージ」で入ってくる

のがとてもいいな~と思います。

私が占星術で読み解くときも参考にしていま~す星

 

自分のシンボルを絵で描いてみよう

今回のサビアン占星術は小泉マーリさんに教えていただきました。

マーリさんのブログはこちら★

講座の冒頭、マーリさんから

「自分のシンボルを絵で描くと、自分の解釈、自分が自分をどのように扱っているかがわかります。自分のシンボルを深めていくヒントになりますよ。」

と話がありました。

私がどのように自分を認識し、どんなふうに自分の才能を使おうとしているのか。

絵を描いてわかるなら面白いじゃんハート

との軽い気持ちで描いてみました。

絵心ないのですが、意外と描けた爆  笑

マーリさんのブログで解説が出た後、自分の角度と一緒にアップして行きたいと思いますキラキラ