牡牛座10度 「赤十字の看護婦」

私の太陽は牡牛座9度3分。サビアン占星術では10度になるので、「赤十字の看護婦」というのがサビアンワード(シンボル)になります。

—–

マーリさんの解説はこちら★

牡牛座9~10度に生まれた人の性格占いです。

星サビアンワード星 赤十字の看護婦 A Red Cross nurse.

星こんな性格星 安心できる環境の中でより多くの人たちに献身する人

—–

この解説を読み、その後講座で詳しく聞いたときに腑に落ちたことは、私は「安全な場所で力を発揮できる人」ということでした。

だってね、自分でやる起業より、PTAの方がスルスルと能力が出せる、その自覚がハッキリあったんだもん。

どうしたらいいかな?大丈夫かなガーンと不安に思っている間は集中できない。

ここは大丈夫!できるピンクハートと物理的にも心理的にも安心できるとやれるのです。

これは持って生まれた、生まれるときに選んできた私の生き方なのだなーと思いました。

 

私のイラストはこちら下矢印

ホロスコープ

看護師さんには、一時期なりたいと思ったこともあるし、保健室の先生にも憧れました。

自分も他人もケア(お世話)するのが好きラブラブな自覚はあります。

団体でやっても、ひとりの力量が試される場面でも大丈夫。

安心安全が1番。その安定があってこそ頑張れる~ルンルン

我ながらよく描けてるなー爆  笑

新しいことを始めたり作ったりするよりも、今ある場所の安定と共感が私には必要なのです。

 

占星術における太陽の意味とは

太陽は私たちが生きている太陽系の中心。

私たちが生きている間恩恵を受け続ける存在であり、生命そのもの、生命の源。

そして、常にそのエネルギーを取り込んでいます。

占星術でも、太陽はその人がその人らしく生きていくエネルギーの源として扱います。

やればやるほど元気になるのは自家発電している状態。太陽を使っている証拠です。

体力がなくて土日寝ているようであれば、太陽は動いておらず、やらされているのかもしれません。

では。あなたは何に対して意欲が湧きますか?

何をしているときに精神的な充実があるのか。どんな欲望や欲求を叶えるために動くのか。

そのヒントがサビアンシンボルに隠されています。

自分の人生が充実しているかどうかは、自分で気づいていくことが大切。

生きていく上で大切なのは、お金でも環境でもなく、太陽を輝かせて生きることなのです。

 

サビアンシンボルと太陽を合わせて読むと、心からの奉仕が大切なのだと思いました。やりたくないことはできないな…。

今の環境は、以前より太陽が活性化しています~確実にハート